2014年04月01日

radikoプレミア 全国エリアフリー開始!!

やっと念願のradiko全国放送が始まりましたね!!

radikoプレミア 全国エリアフリー ¥378(税込 月額)

もうね、何とか東京の番組を聴けないものかと
色々やってきましたが
そんなモノが全部チャラになってしまう
radikoプレミア 全国エリアフリー ¥378(税込 月額)

radiko,jp のホームページから
簡単に会員登録が出来ます。
支払い方法もクレジットの他にスマホのみで利用する方は
スマホ料金と一緒に支払う事も出来ます。

スマホやタブレットで聴く場合はradikoの最新アプリを
ダウンロードする必要があります。

で、1つ大きな問題は!!!!

PCで聴く時のradikoガジェットが、なんと!
プレミアムに対応していない!!

で、その事がradikoのホームページには何処にも書いてない!!

なんでradikoガジェットが
プレミアムに対応していない事が解ったと言うと
ガジェットのお知らせ欄に小さくこっそり書いてある!!!

いや〜〜流石に不親切!!

だからPCでradikoプレミアを聴くときは
一々ブラウザーを立ち上げなくてなならない。
たいした手間ではないけど、
なんせ、有料なんだから、この事が解る様に
ちゃんとでっかく書いとけツウ〜〜〜の!!

兎に角、
これで、ラジオの楽しみが倍増しました!!
パソコンで作業しながら日本中のラジオが聴けます。
いくつか全国展開に参加してないラジオ局もあるのですが
そこは、それぞれの会社の考え方だから
良いんじゃないでしょうか…

コピーライトマークラジオとポットキャストとシネマな日々

にほんブログ村 テレビブログ ラジオ・ラジオ番組へ

にほんブログ村 ネットブログ ポッドキャスティングへ
にほんブログ村

にほんブログ村 映画ブログ おすすめ映画へ
にほんブログ村
posted by 星のナターシャ at 15:10 | Comment(0) | TrackBack(0) | ラジオを考える | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年08月09日

今更ながら「サントリーサタデーウエイティングバー アヴァンティー」終了について

「サントリーサタデーウエイティングバー アヴァンティー」の
放送が終了して早4ヶ月半。
今頃何言ってるんですか?ってなもんでしょうが
私は去年の11月頃から土曜日に家にいない生活が続いていたので
放送が終了してしまった事も、
実は7月になってやっと気付いた次第のダメなリスナー。
ポットキャストはいつもダウンロードしていいて
2ヶ月か3ヶ月分を一気にまとめて聴いてたので
3月から配信が止まっていた事に気付いたのがそもそも7月。
そんで番組サイトに飛んだら無くなってたの。
その寂しさったら・・・。

そもそも
「サントリーサタデーウエイティングバー アヴァンティー」の
放送時間の土曜日の夕方にラジオを聴いてる人って
どんな人だったのだろう?
平日ラジオを職場で聴いてる人でも
土日、家にいると聴かない人も多いし
平日に時計替わりに聴いてる人って
FMでは無くAMのファンの方が多そうだな〜〜。
車で行楽の帰りに聴く人・・・
でも車とお酒は相性が悪い。
後は根っからのラジオ好きで曜日に関係無く
常に面白い番組を探してる私の様な人、とか?

ラジオは斜陽と言われてから
確かに土曜の夕方と言うのはちょっと難しかったのかな??

何にせよ、
ちょっとカッコイイ大人の世界を想像させてくれて
自分の知らない世界の扉を開けてくれるこう言う番組が
無くなる事自体がラジオの衰退の象徴なのかもしれない。

スポンサーだって道楽で番組を作ってる訳でもないから
打ち切りは仕方ないのかな?

ただただ寂しい。ただただ・・・・

コピーライトマークラジオとポットキャストとシネマな日々

にほんブログ村 テレビブログ ラジオ・ラジオ番組へ

にほんブログ村 ネットブログ ポッドキャスティングへ
にほんブログ村

にほんブログ村 映画ブログ おすすめ映画へ
にほんブログ村

・・・・・

コピーライトマーク伊勢神宮へアクセス!!
posted by 星のナターシャ at 14:09 | Comment(0) | TrackBack(0) | ラジオを考える | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月08日

「ガレキとラジオ」の大阪上映始まる!

東京〜大阪 ラジオ/AM/FM/ポッドキャスト

今回の話題はABCラジオ「どっきりはっきり三代澤靖司です!」で
紹介された、ドキュメンタリー映画「ガレキとラジオ」の上映のお知らせです

東日本大震災から二ヶ月後、
必要な情報がほとんど入って来ない状況を
何とかしなければ!と言う事で全くの素人集団が
災害ラジオ局「FMみなさん」を立ち上げます。
しかしそこは素人集団、何もかも手探りのラジオ放送は
失敗と混乱で大騒ぎ。
でもとにかく生まれ育った自分たちの町に「もっと笑顔を」
と言う事で彼らの奮闘は続くのでした。

阪神大震災の時も神戸のミニFMの事が話題になりましたが
災害時に一番身近で頼りになるのがラジオ。
ラジオの大切さ、ラジオの力強さを改めてこの映画を通して
感じて頂ければと思います。

大阪での公開は
 ★2014年 5月11日(土)〜
 ★テアトル梅田 (梅田ロフトの地下一階) 
 ★特別料金 一般・大学生…1,200円

震災関連のドキュメンタリー映画は色々あって実はとても興味深いのでしが
どうしても単館上映で期間も短いため、見逃してばかりなんですね。
ラジオ好きとしては何とかこの映画だけは押さえておきたいです。

「ガレキとラジオ」オフィシャルサイト

コピーライトマークラジオとポットキャストとシネマな日々

にほんブログ村 テレビブログ ラジオ・ラジオ番組へ
・・・・・
にほんブログ村 ネットブログ ポッドキャスティングへ
にほんブログ村
・・・・・
にほんブログ村 映画ブログ おすすめ映画へ
にほんブログ村

タグ:#映画
posted by 星のナターシャ at 14:46 | Comment(0) | TrackBack(0) | ラジオを考える | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月27日

今更「PCでradiko」のもうちっと突っ込んだ話

ラジオ好きにはすっかりおなじみの「radiko」!
でも私は最近「radiko」がちょっと不満!
なんでかと言うと「radiko」のガジェットがデカくて
ネットサーフィンで幾つも画面を開いているとき邪魔になる。
さらに、結構最近は攻めの番組をちょこちょこオンエアしてる
NHKの放送が聴けない事。
NHKの放送を聴こうと思うとワザワザNHKラジオのサイトへ行って
「らじる★らじる」をもう1つ余計に開かなければならない。
面倒っすね。

そこで見つけたのが、
ネットサーフィンで観ているブラウザの端っこにちょこんと居てくれて
民放もNHKも一緒に並んでいてくれる便利拡張機能!

まずは私のメインブラウザ 「Firefox」 の機能拡張
Radikox

ダウンロードはこちら「 Firefox」の「拡張機能」のページ

「radiko」を Firefox に組み込めます。
ステータスバー (Firefox 4 ではアドオンバー) の「Radikox」を
右クリックして選局などの操作を行えます。
選局画面では民放だけでなくNHKも並んで表示されるので選局が楽です。
「ちなみにアドオンバーとは、Firefox ウインドウ 最下部にあり、
アドオンのショートカットアイコンや他のウィジェットを
置くことができるツールバー」
私もこの辺疎いので覚書として書いておきますね。

Googleが押しに押してる「 Chrome 」では
radiko player と こらじこ

共にダウンロードはこちら「Chrome ウエブストア」 機能拡張のページ

どちらも「 Chrome 」のウインドウ の端に置いておけて
バックグラウンドで作動してくれるので便利です。
詳しくはダウンロード先の解説を読んでみて下さい。

そしてMacの推奨ブラウザ「Safari」では機能拡張では無く
Macの「Dashboard 」で利用出来ます。

1・「Safari」で「radiko」にアクセスして下さい。
2・「radiko」を聴く画面を開いた状態で、
「Safari」のメニューバーの「ファイル」をプルダウンして
「Dashboard で開く...」を選択。
3・その時に画面上に現れる範囲選択でウインドウ全体を選択して
4・選択した画面右上、紫のバーに表示される「追加」をクリック。
そうするとDashboardの「ウィジェット」として登録出来ます。
5・「Dashboard」に表示された画面の右下の◯に「i」のボタンを押し、
「Dashboardの表示時にのみ音声を出す」のチェックを外します。

これで「Dashboard」を表示して簡単に「radiko」を再生し
「Dashboard」を閉じても利用化です。

こんな感じでこの後、最も利用者が多そうな Internet Explorerの
「radiko」の使い方を調べようとしたら
いつの間にか「 Internet Explorer」自体が我がPCから
すでに捨てられてました。(苦笑)
使い方をチェックするためだけに
多分もう使いわない「 Internet Explorer」For Mac を
今更ダウンロードする気も無く「 Internet Explorer」は今回パス!!(笑)

コピーライトマークラジオとBARとシネマな日々

にほんブログ村 テレビブログ ラジオ・ラジオ番組へ

posted by 星のナターシャ at 12:18 | Comment(0) | TrackBack(0) | ラジオを考える | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月08日

ラジオ番組のツイッターハッシュタグを探してみた!

先日久々に大阪朝日放送の朝のワイド番組
「ハッキリ!ドッキリ!三代澤康司です」を聴きながら
Twitterでつぶやいてたら
私のフォロワーさんにはとっても多かったはずの
この番組のリスナーさんが全く反応してくれなかったんです。
それは私が幾つかあるハッシュタグ中で人気の無いのを使ったせいで、
番組を聴きながらつぶやいてた人達の所へ
私のつぶやきが届いてなかったようなんです。

Twitterではハッシュタグと言って 半角スペース #○○ を
つぶやきに添えることで、
これはこの事に関するつぶやきです!と言う印を点ける事。
これを付けてつぶやくと検索で同じ内容のつぶやきを探す事が出来る。
例としてつぶやきに「 #eiga」(「」の中の部分)を付けて投稿すると
Twitterの検索欄で「 #eiga」で検索された時に
同じハッシュタグの付いた記事の一覧が表示される訳で、
自分の興味の有る事でつぶやいてる人が沢山見つかると言う訳。

このブログはTwitter連動なので知ってる方が多いんでしょうが
中にはそんなの始めてって人もいるので一応書いときました。

で、私が良く聴くラジオ番組でハッシュタグが確定してるものを探してみました。
その番組に関してつぶやく時はできるだけこれを付けてつぶやいてみてね。
新しい知り合いが増えるかもです。

TBS ラジオ「 #TBS954」
「安住紳一郎の日曜天国」「 #nichiten」
「ニュース探究ラジオ Dig」「 #dig954」
「ライムスター宇多丸のウィークエンド・シャッフル」「 #utamaru」
「赤江珠緒 たまむすび/小林悠 たまむすび」「 #たまむすび」
「久米宏 ラジオなんですけど」「 #kume954」
文化放送「 #joqr 」
「大竹まこと ゴールデンラジオ!」「 #1134golden」
「吉田照美 ソコダイジナトコ 」「 #sokotoko」
ニッポン放送
「オールナイトニッポン」「 #オールナイトニッポン」
 
大阪 
ABCラジオ「 #ABC1008」
「ドッキリ!ハッキリ!三代澤康司です」「 #dokihaki」
MBSラジオ「 #mbs1179」
「子守康範 朝からてんコモリ!」「 #asa10」
ラジオ大阪 OBC「#obc1314」

FM
「NISSAN あ、安部礼司〜BEYOND THE AVERAGE」「 #abe02」
「Suntory Saturday Waiting Bar "AVANTI"」「 #avanti」

ハッシュタグが多数ある番組やラジオ局も多いので
実際に検索してみてヒット数が多い方をこのブログでは取り上げました。

ラジオ局の広報もあまり使い方を理解してない人も多いみたいで
公式アカウントは有るに越した事は無いけど、
公式アカウントより番組毎のハッシュタグがある方が発信力がある。
ラジオ局の公式アカウントをフォローしてなくても
誰かがこの番組面白い!とハッシュタグを付けてつぶやけば
その番組の情報は即座にアカウントをフォローしてない人へも流れる。
番組への関心度や出演者への声もリアルタイムで流れる。
その分、ネガティブな内容のときは広まるのも早いので
自信の無い番組はハッシュタグを設定しない方が良いかもしれないけど
出来れば番組のHP等でこれが公式ハッシュタグです!と公言した方が
ハッシュタグが乱立してリスナーが散らばってしまうのが防げます。

つぶやく方も思いつきでハッシュタグを新たに作っても
他に賛同してくれる人がいなければ広まらないので
出来るだけ沢山の人が使ってるハッシュタグを探して
活用する方が楽しいですよ。

コピーライトマークラジオとBARとシネマな日々

にほんブログ村 テレビブログ ラジオ・ラジオ番組へ
posted by 星のナターシャ at 16:23 | Comment(2) | TrackBack(0) | ラジオを考える | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月08日

赤江珠緒「たまむすび」について考える

小島慶子☆キラキラの後を受けて4月から始まった
赤江珠緒「たまむすび」公式HP

なかなか大変だなあ〜〜

赤江珠緒さん自体は関西の放送局で働いていた頃から
知ってはいたけど、関西の放送局にいた割には
あんまりくだけた番組に出ていた記憶はなかったな〜〜。

関西の放送局は土地柄、吉本芸人の番組が多い。
吉本芸人の番組にアシスタントとして出るからには
女子アナといえども、芸人の振りにそこそこ適切な
リアクションが求められるのが関西の番組。
でも赤江さんは東京で田原総一郎の「サンデープロジェクト」に
出てた印象が強くて関西ローカル番組の記憶がない。
だから実際どこまで個性が出せるかちょっと心配。
前任の小島慶子さんが
「ラジオで喋るなんて頭の中身まで世間に晒してるのと一緒。
だから今更、セミヌード写真くらい恥ずかしく無い。」
と言い切る人だったのに対し、
この一ヶ月の間に珠ちゃんは
「あんまり何もかも晒すのは出来れば避けたい」
というような発言があった。
別にラジオで喋るからって何から何まで自分を晒す必要も無いし、
そう言うスタンスの番組があっても良い。
憶測だけど、珠ちゃんがどこの芸能プロダクションにも所属せず、
全くの個人活動なのも仕事を厳選したい気持ちの表れなのかもしれない。

ただ、昼間のAM放送のワイド番組でしかも
帯でメインとなれば否応でも自分が出てしまうし、
聴いてるほうもこれは本音か作ってるかは解ってしまうもんだものね。
なのでこの先、あまり本質に突っ込まれたく無い珠ちゃんと
個性的なMCを求めるキラキラからのリスナーや
日替わりパートナーとの間で齟齬が出て来ないのか?
珠ちゃんが苦しくならないか?

例えば、久米宏の様に、出してる様で、よく聴くと出していない。
そんな絶妙な話芸の達人になれるのか?
踏ん張りどころかもしれないけど、
さて、ラジオの世界はどこまで待ってくれるやら・・・

コピーライトマークラジオとBARとシネマな日々

にほんブログ村 テレビブログ ラジオ・ラジオ番組へ
にほんブログ村
posted by 星のナターシャ at 23:54 | Comment(1) | TrackBack(0) | ラジオを考える | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月31日

TBSラジオ「小島慶子キラ☆キラ」終了について考える

3月30日、どことなく沈滞気味だったAMラジオ界に
間違いなく大きな風を吹かせた番組
小島慶子キラ☆キラ」が終了してしまいました。

あえて終了してしまったと書かざるを得ないのは
終了した経緯(いきさつ)が小島慶子の言葉によれば
「これまで聴いてくれてなかった
40〜50代の自営業の男性に共感を得られる話をしてほしい」
と言うTBSラジオからの要請に対して小島慶子は
「ちょっとしたことでも喜んでくれる人がいたらと、いま、
聴いている人に呼びかけている。
今、聴いている人に話しかけながら、
その肩越しに聴いていない人を呼び込むしゃべりをしろ、
と言われたら、それは絶対できない。
局の求める役割と私のできることは違う」
と言う理由で、降りた、降ろしたみたいな話ではなく
やはり番組作りのスタンスの違いなのかな?と個人的には思った次第。

TBSラジオ側の
「40〜50代の自営業の男性に共感を得られる話をしてほしい」
と言う言葉は企業として番組を1つの商品として捉えた発言。
企業として何かを売ろうとする時に、これは誰に向けたこんな商品と
ターゲットを明確にして戦略を練るのは当たり前でよく解る。
実際、TokyoFMの日曜夕方のラジオドラマ
「NISSAN あ、安部礼司 〜 beyond the average 〜」なんて
ハッキリ団塊ジュニア世代へ車のある生活の楽しさをアピールする番組だもの。
で、団塊ジュニアは団塊世代のジュニアだけに団塊の世代の次に
大きいマーケットだから企業として目を向ける気持ちは解るわね。

1つの戦略として1番大きなマーケットのリスナーを
獲得したいと思った企業としてのTBSラジオと
それに対し1人の表現者として「袖振り合うも他生の縁」と
たった一度しか聴いて貰えなかったリスナーに対しても
きっと何かの縁があって繋がった瞬間を大事にしたい
個人の小島慶子とのスタンスの違いなんだな。
で、小島慶子がもうちょっといい加減な人だったら
「コレからはちょっとその年代の男性も意識してみましょうか」
みたいな一言で済んでしまう様な話かもしれない。

で、私が思うに今の時代、
ラジオ番組を今までの型通りの商品として捉えて良いのか?
テレビと違って一家に1つラジオがあった時代では今は無い。
ラジオって面白いから聴いてみて!と言う
ラジオそのものに対するクチコミだけが
番組を広げて行く力になるのではないか?
だとしたら商品は商品だけど、特に昼の番組として
新しいリスナーが共感出来る新しい間口の番組こそが必要で、
手あかの付いた括り方でリスナーを捉えること自体がちょっと違う様に思う。

私は「小島慶子キラ☆キラ」をいつもポッドキャストで聴いていたので
ライバルである「大竹まことのゴールデンラジオ」と聴き比べていたが
この一年は震災や原発事故で時事ネタの多い「ゴールデンラジオ」に
リスナーの関心が向いたのは否めないかもしれない。
でも、毎日のパートナー人に代表されるちょっとサブカルな空気感に
今までのAM放送には無いスマートさや、ある種の憧れさえ感じており
この空気感こそが新しいラジオリスナーを呼び込めるコンテンツだと感じていた。
TBSラジオが求めた「40〜50代の自営業の男性」と言うのは
単に「ゴールデンラジオ」のリスナーを奪う事であって
全くラジオに縁のなかったリスナーを呼び込む戦略では無いと思う。
結局、数字数字と血眼になって、ラジオ界全体にとって1番大事なこと
全く新しいリスナーを獲得すると言うをことを忘れてしまった結果かも?

ただ1つ「小島慶子キラ☆キラ」で気になっていたのだけど、
TBSラジオの番組に多いのか、通常の喋りの後ろに
常にインストルメンタルのBGMが流れている事に
レーティング週のネット配信時に初めて生で聴いて気付いた。
小島慶子の喋りや話の内容では無く、そのBGMが慣れないリスナーにはうるさい!
そう言えば「安住紳一郎の日曜天国 」も喋りの間、後ろにずっとBGMが流れていたっけ。
ただあっちの曲はそんなに耳に邪魔では無いのだけど
「小島慶子キラ☆キラ」のBGMはどうも耳にうるさかった。
そこだけ改善して欲しかったなあ〜。

とにかく、小島慶子と言う人をこれからも注目していたいと思っている。

にほんブログ村 テレビブログ ラジオ・ラジオ番組へ
にほんブログ村

posted by 星のナターシャ at 10:29 | Comment(3) | TrackBack(0) | ラジオを考える | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月26日

radikoサービスエリア拡大!滋賀、和歌山でもパソコンでラジオが聴けます!

お久しぶりの東京〜大阪 ラジオ/AM/FM/ポッドキャスト

ラジオ好きな方はもうご存知でしょうが
2010年12月1日から聴取可能エリアが2府4県に拡がり
ついに!滋賀県・和歌山県でもradikoが聴ける様になります!!

radikoとはパソコンでAMやFMのラジオ放送が聴けるサービスで
高い山や建物が多くて電波の受信状態が悪い所でも
インタ−ネットに接続出来れば、電波状況に関係無く
クリアな音質でラジオ番組を聴けるサービスです。

これまでは関西では大阪、京都、兵庫でしか
提供されていなかったサービスが
遂に滋賀と和歌山でも
2010年12月1日から聴けると言う事で
山に阻まれていた滋賀や和歌山でこそ
必要なサービスなんじゃないかと思ってましたが
それがやっと実現すると言うことですね。

聴き方はとっても簡単!
聴きたい放送局のHPを検索し、ホームページが出て来たら
大抵一番目立つ所に「radikoを聴く」と言う
目立つバナー(スイッチ)の様なものが表示されます。
それをクリックすると縦長の短冊型の小窓が自動で開いて
音が鳴り出しますので、後は音量を調節したり
他短冊形の小窓「radiko」から他局に変えたり出来ます。
滋賀、和歌山、それにラジオが受信しにくい
山間部や高い建物が多い市街地の方も是非お試しください。

こうして書くと、とっても良い事尽くめに聴こえますが
問題はラジコに参加してる放送曲の少なさ。
関西では
MBS毎日放送
ABC朝日放送
OBCラジオ大阪のAM3局と
FM大阪
FM802
FMCOCOROの3局の計6局のみで
兵庫のラジオ関西、KISSFM
京都のKBS京都、α-STATION
等が参加していません。
これは多分費用的な問題だとも思うのですが
radikoを運営するIPサイマルラジオ協議会も
「株式会社radiko」へ移行すると言う事なので
何とか企業努力として商品を増やして欲しいと思うな。

またエリアの問題も相変わらず、関西の放送局は関西のみ、
関東の放送局も関東のみとエリア限定は変わらず。
本当のラジオ好きはそこの所を
何とかして欲しいと一番思っているんですよね。

ポッドキャスト等を聴いていると
海外や転勤先に住む日本人が出身地の言葉を聴きたくて
ポッドキャストを聴いていると言う人がどれだけいる事か!
放送エリア外に配信してもリスナーが奪われて
どうしようもないと言う事は
無いんじゃないかと思うんですわ。
確かに私なんかは最近は東京の番組の方が好きですが
それは私が「時事ネタ好き」だからであって
大阪を代表する名物パーソナリティー浜村淳の番組等
海外からの人気が高いし、
一昔前の吉本新喜劇的ベタ笑いが好きな人なら
OBCラジオ大阪の「むっちゃ元気!」なんか溜まらんと思う。

地方色豊かなBー1グランプリにあれだけ人が集まって話題になり
「秘密のケンミンSHOW」がそこそこの数字を取る今
地方の強みを全国に発信する事に
もっと自信を持ってやってみて欲しいとおもう。

いきなりが心配ならそれこそ、
連休時等に一斉にフリー放送を試験放送してみたら良い!
おもしろい事になるかもよ!
各番組レーティング以上のスペシャルプログラムで
お客さんの取り込みに躍起!
その感想を聴視者がTwitterで情報交換する。
ネットは「radiko」と「Twitter」投稿で回線パンクするかも??

いや〜〜想像しただけで楽しそうだ!
そんなの決まったら会社休んで3日くらい聴きまくるわ!


にほんブログ村 テレビブログ ラジオ番組へにほんブログ村

にほんブログ村 ネットブログ ポッドキャスティングへにほんブログ村

posted by 星のナターシャ at 16:40 | Comment(0) | TrackBack(0) | ラジオを考える | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月09日

ラジオ報道、東京とローカルの格差 #ABCradio #MBSradio #OBCradio

今回、東京〜大阪 ラジオ/AM/FM/ポッドキャストで取り上げるのは東京とローカルの報道格差に付いて。

どうもご無沙汰してすいませんでした。

春頃から土日が休みの生活になって
平日、昼間の力強い関西ローカルの番組を
ほとんど聴けなくなってしまいました。

その替わり力を入れて聴いているのがポッドキャスト。
それも番組を良い所を惜しげもなく流してくれるTBSと文化放送。

東京のラジオ放送を聴いてると、
東京の番組は明らかに新聞やテレビとは違う切り口で
情報を伝えようとする意思を感じるんですね。
新聞やテレビに代表される大マスコミ、
正直、今、この大マスコミが全くダメ!!!
日本をダメにしてるのは政治家、官僚、マスコミ!!
と言いたい程のテレビ、新聞のダメさ。
記者クラブ制度に胡座をかいた横並びの報道。
官僚に操られて、
官僚や政府に都合の悪い事は全く報道しないのに
ちょっと疑わしい人物がいると、
鬼の首を取った様に徹底的に叩く。

そんな大手のヒステリックな報道とは明らかに一線を画して、
本当の事を言われると困るので
テレビではあまり起用されないフリーの政治記者や
経済記者にドンドン発言させて、
今起こっている事象について、より多角的に情報を出そうとしており
そこには一種の「ラジオ報道の矜持(プライド)」さえ感じる。

これに対して
全関西のローカル番組をつぶさに聴いた訳ではないので
少々偏った感想かもしれないが、
情報の元が大手の新聞やテレビしかないローカル放送では、
どうも大手マスコミの発表することを
そのまま、井戸端会議程度の聞きかじりで
大げさに喋っている様な気がする。

その差が今回の民主党の代表選挙に実に顕著に表れている。
管対小沢の話が出た時点で、犯罪者呼ばわりに近い勢いで
小沢氏をけなす関西ローカル番組のフリーアナウンサーや
落語家パーソナリティー。
小沢氏の政治と金の疑惑だ何だというけど
小沢氏がどんな容疑で何を調べられているのか
きちんと言える人は何人いるのだろうか??

全国どこでもラジオ局は経営が厳しくて
東京のラジオ局の様に専門家コメンテーターを
起用したくても予算的に出来な場合がほとんどかもしれないが
だからと言って、系列新聞社の記事やテレビニュースを
偏った解釈で垂れ流すような番組で良いのだろうか?

今はインターネットと言う強いミカタがある。
コメンテーターを直接雇えなくても、彼らがネット上に
公開しているブログやツイッター上の意見を紹介したり、
今は何処の局でも、TOEICで700〜800点取得、
英字新聞を読める程度の人材は居るだろうから
そう言う人にネット上の諸外国の新聞やニュースを探してもらい
海外は日本をこう見てる!みたいない事を紹介するのも手だと思う。

またローカルならではの冷静さで
東京で起こっている事を分析するくらいの
地方が東京を見上げるのではなく
地方から東京を観察する「上から目線」があっても良いんじゃないのか?
今東京で起こっている事がどんな形で自分の地方に降り掛ってくるのか
そんな分析をして欲しいと思うし、そのくらいの矜持(プライド)を
ローカルのラジオ局は持って欲しいと思う。

にほんブログ村 テレビブログ ラジオ番組へにほんブログ村

にほんブログ村 ネットブログ ポッドキャスティングへにほんブログ村

posted by 星のナターシャ at 23:27 | Comment(0) | TrackBack(0) | ラジオを考える | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月15日

2010年3月15日ラジオサイマル放送が始まった!

お気楽 蘭々がお送りするラジオ/AM/FM/ポッドキャスト
東京〜大阪 for R40

本日は先日からネットやラジオ番組の中で話題になっていた
ラジオ放送のネット配信、ラジオサイマル放送が始まりました!
radiko.jp のHP http://radiko.jp/にアクセスするだけで
今現在ラジオ受信機でながれている放送と全く同じ放送が
インタネットで聴けるサービス。
ネット配信の方は数秒電波放送より遅れて配信されるため
時報等はカットされますが
それ意外に内容はCMも音楽もそのまま流れます。
これにより今まで電波の入りにくかった地域や
ラジオを持ってなかった人へもパソコンがあれば
ラジオが聴ける事になりました。

ラジオの新しい可能性を広げる試みとして面白いと思うので
この機会により多くの人にラジオに触れてみて欲しいと思います。

にほんブログ村 テレビブログ ラジオ番組へにほんブログ村

にほんブログ村 ネットブログ ポッドキャスティングへにほんブログ村
posted by 星のナターシャ at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | ラジオを考える | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。