2016年06月28日

TBSのポットキャストが終了してしまう!!

ポッドキャストを日々聴いている人なら
何度も繰り返されるTBSのポッドキャスト終了の告知に
辟易とされてる事でしょうねえ〜〜

コレはTBSの亊情だし、お金のかかる事だから
無料で聴いてる方としては文句言える筋合いでもないし、
さりとて毎回しつこくCMを告知されるのも聴いてる方は大迷惑!

スピードラーニングが耳にこびり付いてますわ〜〜(笑)

ではこれから何を聴くか?!
正直TBSは一番配信番組も多くて、
内容も硬軟取り混ぜてバリエーションも豊富でしたから
TBSさえ押さえておけば、プレイリストは充実してました。
なので、もしかしたら知らない方もいるかもしれないでので
老婆心ながら、他局や個人のポッドキャストの番組を
幾つか紹介させて下さい。

文化放送 「大竹まこと ゴールデンラジオ」
言わずと知れた文化放送のお昼の看板番組、聴視率で毎回一位を記録してる番組ですね!
文化放送 「武田鉄矢 今朝の三枚おろし」
こちらも全国ネットでお送りする鉄矢さんご紹介の本や、物事の解説番組

上記は文化放送のHPから聴けます。ダウンロードももちろんです。

http://www.joqr.co.jp/podcast/index.php

にっぽん放送 「ザ・ボイス そこまで言うか!」
コメンテーターによる辛口批判が内です
にっぽん放送 「ラジオビバリー昼ズ」
数々のトークモンスターを送り出して来た高田文夫先生との
やり取りもとても楽しいバラエティー。

ニッポン放送 ポットキャスティング
http://podcast.1242.com/?_ga=1.7887547.807077393.1450687119

とりあえずの有名所を掲げておきますね。
他にも楽しい番組を今、探してます〜〜

ポットキャスト生活がこれからも続きます様に〜〜〜

cラジオとポットキャストとシネマな日々

にほんブログ村 テレビブログ ラジオ・ラジオ番組へ

にほんブログ村 ネットブログ ポッドキャスティングへ
にほんブログ村








posted by 星のナターシャ at 17:35 | Comment(0) | TrackBack(0) | このポッドキャストが面白い! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年10月02日

「パシフィック・リム」が止まりません!

今回ラジオとポットキャストとシネマな日々がご紹介するのは

この夏、オタク関係を中心に盛り上がった
パシフィック・リム」に私もまんまとハマって
サントラ版が欲しくなって iTunes Store を検索したら
残念ながら「パシフィック・リム」は扱ってなかった。
変わりに iTunes Store ではポットキャストの無料番組も
沢山ヒットするので、試しにそこら辺の映画評論番組とか
オタクトーク番組をダウンロードしてみたら
あるわ!あるわ!!

1,「映画な対談 ボーナストラック木村
2,「映画批評posted シネマ4の字固め
3,「狭くて浅いやつら 漫画・ゲーム・アニメ・映画の感想ポッドキャスト
4,「福岡@ラジ袋 アニメ・ゲーム・マンガ・映画を語るpodcast
5,「桜川マキシム 音源保管庫
6,「学生ニート最終防衛戦線 −アニメの考察・紹介ポッドキャスト−」
7,「gd×2ゲームらじお
8,「ザ・ノイジーズ | EnterJam - エンタジャム - 映画・アニメ・ゲームの総合エンタメサイト」
9,「らぢおじさん2」
10,「千葉文化放送
11,「ファミコン名人への道(笑)」
12,「ラジオジ
13,「アキバ系!電脳空間カウボーイズZ
14,「@IDA_10 x @miyaokaのピコピコキャスト
15,「★アマゾンプロダクツ 遊びのラジオ★
16,「三平映画館
17,「10goo.jp
18,「不思議ラジヲ キン・ザ・ザ 〜映画とゲームのpodcast〜
19,「ちゃんぽん@たまリバー
20,「ボードゲーム研究室!
21,「ペガの屋根裏部屋
22,「ガラクタラジオ(仮)
23,「サタニックな日々
24,「映画痴話狂い
25,「うるせえやつら - to the happy few
26,「中近東ラジオ
27,「『スーパーヒーローファクトリー』・・・特撮やアニメ・漫画、ご当地の「ヒーロー」を熱く語る!

18番くらいから情けなくなった!
初めてブログを書く事が如何にムダかを実感を実感したわ!!

最後はメジャーの
TBS RADIO ライムスター宇多丸のウィークエンド・シャッフル

ってか、映画について語りたい人があまりにも多いので、
如何に自分がムダな事をしてるか、悲しくなりました。

映画ブログなんか!

メジャー作品のレビューなんか

もう

絶対

書かないぞ!!

でも「パシフィック・リム」は

できれば劇場でもう一回観たいぞ!!

疲れた〜〜〜〜〜〜

パシフィック・リム ブルーレイ&DVDセット【初回限定生産】 【BLU-RAY DISC】

コピーライトマークラジオとポットキャストとシネマな日々

にほんブログ村 映画ブログ おすすめ映画へ
・・・・
posted by 星のナターシャ at 17:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | このポッドキャストが面白い! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年04月09日

待ってました!「武田鉄矢・今朝の三枚おろし」ポッドキャスト配信始まる!!

東京〜大阪 ラジオ/AM/FM/ポッドキャスト

AMラジオ好きならこの番組を知らない人は少ないでしょう!

「武田鉄矢・今朝の三枚おろし」!!

若干癖のある武田節には好き嫌いが有るでしょうが
この人が開いてくれる知識の扉は
私にどれだけ大きな世界を見せてくれたことか!
「街道をゆく」知り、内田樹を知り、
奇跡の林檎を知り、キャプテン淵田 美津雄を知り
今思い出しても泣けてくる話も多い。

その「武田鉄矢・今朝の三枚おろし」がやっとポッドキャスト配信されます!

ラジオで流れてる番組冒頭の一般の人へのインタビューに
鉄矢さんが感想を話す部分はカットされてますが、
一週間分を繋げて一本で配信されているので、
ややこしい話の場合は毎日細切れで聴いていた時より、
解りやすいのではないかと思います。

今まで文化放送のHP内で一応配信はされてたんだけど、
パソコンが無い所では聴けないし、更新時期がズレたり
知識が無いと録音出来なかったり、何かと不便だったのが
iTuneでの配信により、簡単にiPodやiPhoneで
持ち歩いて聴ける様になりました!y(^ー^)yピース!

過去分は流石に量が多過ぎて配信が難しいでしょうが
コレからの放送分は聞き逃す事無く聴ける!!!

ポッドキャストのiTune登録は文化放送HP内の
ポットキャスト配信案内の「武田鉄矢・今朝の三枚おろし」
からどうぞ。

ポッドキャスト?iTune? なにそれ??って方のために
文化放送のHPの中の「ポッドキャストQR」の中で詳しく紹介してあります。

もひとつ解りにくいようなら、
かなり簡略化したポッドキャストとiTuneの案内が
大阪の毎日放送、mbs1179の中の「ポッドキャスト1179」にも
紹介してありますので参考にして下さいね。

コピーライトマークラジオとポットキャストとシネマな日々

にほんブログ村 ネットブログ ポッドキャスティングへ
にほんブログ村
・・・・・
posted by 星のナターシャ at 11:41 | Comment(0) | TrackBack(0) | このポッドキャストが面白い! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年04月07日

ナイターの季節はポッドキャストでドラマを聴こう!

野球のナイター放送が始まって、毎年の事ながら
トーク番組好きには非常に所在の無いつまらない季節。

この時期は毎年、ポッドキャストのお世話になってますが
今年新しく聴き始めてちょっとハマってるポッドキャストをご紹介します。

まずは「テレビ番組を斬る! 」

テレビ番組を斬る!と言うタイトルながら最近はもっぱらドラマと映画の感想番組。
テレビドラマをほとんど観ない私には、
話題のドラマや最近のドラマの傾向を知る上でなかなか便利な番組です。
初回放送時に乗り遅れた番組でもこのポッドキャストを聴く事で
追いつけるのと、出演者や制作サイドの思惑もちょっと解ったりして、
この番組によって全くノーマークのドラマを追いかけ出した事もしばしば。
1プログラムの時間も5〜6分なのでお手軽に聴けるのが嬉しいです。

kiru.jpg


公式サイト テレビ番組を斬る!
公式サイトから「iTunes」に登録出来ますよ。

コピーライトマークラジオとポットキャストとシネマな日々

にほんブログ村 ネットブログ ポッドキャスティングへ
にほんブログ村

・・・・・
posted by 星のナターシャ at 10:33 | Comment(0) | TrackBack(0) | このポッドキャストが面白い! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月07日

「荒川強啓 デイキャッチ!」関西でこういう番組が聴きたい!

東京のTBSラジオのお昼のワイド番組「荒川強啓デイ・キャッチ!」
時事ネタが満載ですがあんまり固い感じではなく聴きやすい。
荒川強啓さんの軽妙な喋りが重くなりがちな時事問題を
適度に柔らかく、適度に厳しく伝えてくれます。

この番組の売りはなんと入っても日替わりの多彩なコメンテーター。
こういう所は東京はやっぱ人材が抱負なので羨ましいね。

★月曜日は経済ジャーナリスト 町田徹(まちだ てつ)
企業と政治の裏表を鋭く付いてきます。
原発事故のその後や国の支援で再建した企業のその後等、
我々の税金と企業がどのように繋がっているのかとても興味深い内容が満載。

★火曜日は国際ジャーナリスト 小西克哉(こにし かつや)
日本に対する海外の目を解説。
関東のラジオ好きにはおなじみのアメリカ通ジャーナリスト。
英語の記事の解説はピカイチ、
日本人が知らない外国から観た日本の様子が興味深い。

★水曜日は毎日新聞専門編集委員 近藤勝重(こんどう かつしげ)
大阪のMBS毎日放送のラジオ番組にも
多数出演されているので関西でもおなじみですね。
ひねりの利いた時事川柳選考のセンスはナイス!

★木曜日は評論家 山田五郎 (やまだ ごろう)
アニメ、サブカルから芸術まで幅広い話が面白い。
最近は教育問題やアニメ等のコンテンツ産業に関する考察など
日本の目指すべき方向のヒントになるような話も多い。

★金曜日は社会学者 宮台真司 (みやだい しんじ)
今注目の過激な学者さんだけど
援交、風俗から国際問題まで鋭い指摘が興味深い。
政治家と官僚にまかせっきりでは無く、国民ももっと
自分の事として政治に取り組まなければ、世の中は良くならないと力説する。

東京の街角やインターネット等で一般の人達にアンケートを募り
今一番関心のあるニュースをランキング形式で並べて紹介してゆくコーナー
「デイキャッーズランキング」がある。
このコーナーでは大事なニュースが下位で、
どうでもイイだろう!と言う様な芸能人ネタが上位になったりと、
これは意図的なのかそれとも、日本国民ってほんとにこんなもんなのか?
アンケートの結果にちょっと愕然とする事もあったりする。

番組冒頭ではその時に起こった事件や出来事の話題に触れて
その事象に詳しい専門家への電話インタビュー等も
タイムリーに織り込まれるので、この年末、混迷する選挙に関して
何かヒントを見つける材料として有効かもしれないです。
ポッドキャスト配信があるのでぜひ、聴いてみて下さい。

関西でも昼間に時事や事件を取り上げる番組はあるんだけど
如何せん
ニュースソースが各ラジオ局の親会社の新聞社の記事が主なので
なんだか、どうも偏っていて不快な感じがする。
ところがこういう番組に限って、1番真面目に選挙に行く高齢者や
中年主婦が聴いてたりして、そういう人達の知識や考えが
偏った方向に引っ張られてしまう。
やっぱ、これは地方ラジオ局の致命的な欠陥だなあ〜〜

「荒川強啓デイ・キャッチ!」番組HP

「音声コンテンツのページ」
ポットキャストの聴き方の解説ページもあります。

コピーライトマークラジオとBARとシネマな日々

にほんブログ村 酒ブログ バーへ

posted by 星のナターシャ at 06:30 | Comment(0) | TrackBack(0) | このポッドキャストが面白い! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月08日

森永卓郎氏の扱いがなんか微妙(笑)#ラジオ #radio

今回の東京〜大阪 ラジオ/AM/FM/ポッドキャストは
ラジオのコメンテーターに付いて。

4月に入り新しい番組が始まった局も多いでしょうが
今まで聴いていた番組の中で、
このコメンテーターとかあの専門家のコーナーは好き!
だったのに終ってしまってがっかりと言う人もいる事でしょう。
前回書いた「小島慶子キラ☆キラ、終了」でがっかりしたのは
火曜日パートナーの堀井憲一郎氏の降板。
関西出身で年間300以上の落語を生で観ながら尚かつ
東京ディズニーランドフリーク言う非常にユニークな存在で、
思考の方向性も独特な目線で話が面白かったし
何より参考になったのはプロの物書きとして
文章を書くときのコツやテクニックを披露してくれること。
堀井氏のコーナーはポットキャスト配信されていたので
これは!と思った放送は大事に保存してあります。

コメンテーターと言えば複数の局の番組に出演している森永卓郎氏。
森永さんはちょっとふざけたおじさんと言うキャラ設定で
なんかうさん臭い雰囲気を醸し出しそれが売りであったりもするけど
よく聴いてみると他の人と違う目線で興味深い一面もあったりする。
で、その森永氏が出演中なのが
「大竹まことのゴールデンラジオ」月曜日
メインの大竹まこと氏と月曜日のパートナー阿川佐和子氏。
で、森永さんが妙に笑いを取ろうとするものだから、
森永さんに対して大竹さんも阿川さんも大学教授では無く
経済ネタ専門の芸人さん扱い。
正直もうちょっとちゃんと森永さんの意見を訊きたいのに
阿川さんがちょっとヒステリックに
「それはおかしい、無駄が増えるばかりでしょう!」
みたいな感じで毎回激しく噛み付くので
肝心な所が時間切れで聴けない事が多いし何よりうるさい。

そんな時は翌日の火曜日まで待って
やはりポッドキャストで配信されてる
九州朝日放送の「中西一清 スタミナラジオ」から配信される
森永さんのコーナーを聴き直すんですね。
そうすると大体前日の「ゴールデンラジオ」で話せなかった部分を
きちんと説明してくれる。
メインパーソナリティーの中西一清氏もきちんとした人なので
上手く森永さんの提案の良い所をすくい取って広げてくれる。
で、森永さんもこの番組に出る時は電話出演で時間も短いせいか
余計な笑いを取ろうとせず、要点をきっちり話す様にしているので
「ゴールデンラジオ」のときよりずっとまじめなイメージで
そのギャップも面白い!
ポッドキャストを聴ける方は是非比べて欲しいです。

同じある1つの出来事について
時間や空間を越えて複数の人の意見や感想が
聴けるのがポッドキャストの面白い所かな?
同じ出来事でも東京、大阪、九州、北海道と
取り上げ方の大きさや意見やスタンスは様々。
テレビは東京が一極集中過ぎて意見が偏っているけれど
ラジオでは案外大阪の方が偏ってるとか九州は冷静だとか
この差が面白いです。
radikoが震災直後の様に全国解禁になれば
様々の意見を聴き比べられるのにね。
ただそうなると、コメンテーターの人々は
ネタの使い回しが難しくなるかな?

にほんブログ村 テレビブログ ラジオ・ラジオ番組へ
にほんブログ村


posted by 星のナターシャ at 07:45 | Comment(0) | TrackBack(0) | このポッドキャストが面白い! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月20日

「コラム&ポッドキャスト/ザ・ノイジーズ 」が面白い!

最近忙しくて、大阪のラジオは聴けてなのですが
東京〜大阪 ラジオ/AM/FM/ポッドキャストはまだ続いてます。

今回ご紹介するのはポットキャスト番組で

EnterJam - エンタジャム
- 映画・アニメ・ゲームの総合エンタメサイト
から

「コラム&ポッドキャスト/ザ・ノイジーズ 」
http://www.enterjam.com/?cid=3

と言う番組。

番組のHPで紹介されている文章によると

「エンタジャムが生ぬるいネットラジオ業界に殴りこみ(笑)
映画・ゲーム・アニメ・漫画・音楽から精神世界まで、
ありとあらゆるキーワードで自分が好きなことだけ
ノンストップで語りつくすネットラジオ! 」という番組です(笑)

特に有名な人は誰も出てません(笑)
映画・ゲーム・アニメ・漫画・音楽等に造形が深い
半業界人的な人々がわらわらとオタク的に喋る番組。
ちょっと話が上手な素人の番組だから
音量バランスの調整とかもされていないので
聴きにくい所もあるけど
でも話の内容が、何回観たか解らない超お気に入りの映画とか
アニメとか、ゲームとかそんなこんなだから
スキな事の話ならなんか聴けてしまう。

聴けるどころか、
「そうそうそう!」と思わず頷いたり
「それはちょっと解釈が違うんじゃね?」
と突っ込み入れたり
妙にテンション上がって聴けちゃいます。

かく言う私も偶然見つけたこの番組の中で
無謀にも「銀河英雄伝説」のアニメビデオ、
本編と外伝合わせて162編分を語り尽くす!
というどこまで実現するのか解らない企画を
ブチ上げてたもんだから、ホンマかいな?
と思いながらも毎回ついつい聴いてしまってるんですね。

「銀河英雄伝説」の他にも例えば
「ときわ荘」について語ろう!」とか
「漫画『孤独のグルメ』について語ろう!」とか
「映画『トランスフォーマー』について語ろう!」とか
毎回、新たなお題についてのトークが繰広げられるので
貴方のお気に入りのお題が必ずあるはず。
どうぞお楽しみに。


応援クリックして頂ければ幸いです



posted by 星のナターシャ at 00:36 | Comment(0) | TrackBack(0) | このポッドキャストが面白い! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月30日

Podcast「ラジオの街で逢いましょう」

にほんブログ村 ポッドキャスティング

お気楽蘭々がお贈りするラジオ/AM/FM/ポッドキャスト 東京〜大阪 for R40
今回の面白ポッドキャストは

Podcast「ラジオの街で逢いましょう」

この番組はインターネット上の
「ラジオデイズ」声と語りのダウンロードサイト
と言うコンテンツの一部で、日曜夜23時00分に
東京と横浜で放送されているインターFM(76.1MHz)で
「ラジオデイズ」のPR番組として放送されている部分が
iTunes StoreからPodcastとして配信されています。

ラジオやテレビ等に出て来る文化人って言う人達ね、
大学の教授、大企業出身の人とか超有名な人の他に
初めて知ったけどそんな活動をしてる人がいるんだ!
そんな人が結構いますわね。
例えば「◯◯の街」として有名になった場所の仕掛人だったり
××と言うNPOを立ち上げた人とか
地味ではあるけれど、その人が活動を始めたことで
世間に認知された事象ってのは結構一杯あって
そういう誰も手付かずだった事に最初に気付いた人が
この

Podcast「ラジオの街で逢いましょう」

には、沢山登場します。
ただその「何かを始めた人」の話を聴いてると
以外に自分の身の回りにあって、ただ見逃して事に
改めて気付い!て言う人が多いんですわ。
子供の時から何となく好きだった「迷路」と「赤」をモチーフに
絵を描き始めた アーティストの浜崎健(はまざきけん)さん
書く事が好きで本が好きなので、もっと誰もが気軽に楽しめる
本の町を作ろうとしている北尾トロさんとか・・・

「ラジオデイズ」声と語りのダウンロードサイト
自体が、団塊世代向けの番組なんだけど
何か新しい事を見つける好奇心や眼力、
それは団塊世代だけでなく、もっと若い世代にも
必要な部分なんじゃないかな??とそんな気がしてます。

丁度今、私自身がイイ歳なのに訳あって求職中。
今までやって来た仕事には自信持っているので
同じ様な仕事を探しがちなんですが
こんな不景気な時代にアラ40の再就職はなかなか厳しい。
募集要項には年齢不問となっていても
それば便宜上の方便で、実際は40歳以上は採用しない会社がほとんど。
それが証拠に履歴書だけで6社以上不採用でした。
面接も受けさせてもらえなかった。
40前には就職試験ってバイトも入れて2つくらいしか
落ちた事なかったのに・・・。
新卒者の就職さえ危ないこのご時世、ましてアラ40なんてね。

こう言う時だから違う視点、違う角度から
物ごとを観る柔軟性が必要なのでは?
そしてそれは以外と、今自分が興味を持ってる事の
延長線上にあったりする事もある。その結果
こんな事を始めてみたと言う人の話を聴いてると
今まで同じ仕事にこだわっていた自分がちょっと滑稽に思え
年齢にこだわって面接もしないで私を落とした会社も滑稽に思える。
何か違う事を自分の中に見つける努力を
始めてみようと思います。

「何かを始めた人」の話は貴重ですわ。

「ラジオデイズ」のHPに行けば
そのままストリーミング放送としてPCで聴く事もできますが
この秋の清々しい日々、Podcastファイルとして持ち歩き、
散歩しながらしみじみの「何かを始めた人」の言葉に
耳を傾けてみるのも良いもんです。

にほんブログ村 ネットブログ ポッドキャスティングへにほんブログ村

にほんブログ村 テレビブログ ラジオ番組へにほんブログ村
posted by 星のナターシャ at 08:42 | Comment(0) | TrackBack(0) | このポッドキャストが面白い! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月13日

「タチヨミスト橘しんごの雑誌チェック」ポッドキャスト

にほんブログ村 ポッドキャスティング

お気楽蘭々がお贈りするラジオ/AM/FM/ポッドキャスト 東京〜大阪 for R40
今回の面白ポッドキャストは

「タチヨミスト橘しんごの雑誌チェック」

この番組、惜しまれつつ春に終了した
「小西克哉 松本ともこ ストリーム」の中で
毎日発売される数々の雑誌を立ち読み?してその内容を
端的に面白おかしく紹介していた「タチヨミストしんご」さんが
折角定着したこの名前が惜しいと言う事で
自ら始めたポッドキャスト配信番組なんです。

ちょうど今は政権交代と芸能界の薬物汚染と言う
非常に大きな出来事があったので雑誌各社も総力取材状態。
電車の中の吊り広告にも興味をそそる刺激的な見出しが踊ってますが
この

「タチヨミスト橘しんごの雑誌チェック」

では、見出しに惑わされる事無く、全ての雑誌に目を通して
これはなかなか力の入った記事だとか
着眼点が面白いとか様々な角度から分析して、
今週の週刊◯◯は買って損はない!とか
お勧め記事ですよ等と指標を示してくれます。

正直私は雑誌は全く買わないし、
喫茶店や美容院にもそんなに頻繁に行かないので
週刊誌や雑誌を手に取る事がほとんど無い。
だから以前は「週刊新潮」と「週刊実話」の
立ち位置の違いがよく解らなかった。
女性にはそういう人、多いんじゃないだろうか?
所詮週刊雑誌の書いてること、大した内容ではないと思っていた。

その無知を正してくれたのがこの

「タチヨミスト橘しんごの雑誌チェック」

週刊誌には新聞とは違った取材ルートやスタンスがあって
新聞やテレビのニュースでは突っ込めない部分も
雑誌なら書ける事がけっこうある。
政治家や官僚の裏金作りや、天下りの実態等
時間の限られたテレビのニュースや
記者クラブでアグラをかいてる大新聞社の記者とは
違う視点でさらに掘り下げた内容がかかれている事もある。
もちろん、ガセも無い事はないけどね。
週刊雑誌の面白さを改めて教えてくれた番組。

この番組で喋ってる橘しんごさんは、
東京ローカルでニュース番組に出演していたんだけど
これがいきなりの打ち切り!
正直、売れっ子タレントではない橘しんごさんは
自身が今まで雑誌を読んで散々紹介してきた派遣切りと
同じ様な状態でいきなり無職になってしまったらしい。

不況の余波ってこんなところに一番しわ寄せが来るんだよね。

何よりも橘しんごさんを応援するため
ぜひ、この番組を聴いてください!
より多くのリスナーを集めればスポンサーが付くかも!!
がんばれ!!タチヨミストしんごexclamation×2


にほんブログ村 ネットブログ ポッドキャスティングへにほんブログ村

にほんブログ村 テレビブログ ラジオ番組へにほんブログ村
posted by 星のナターシャ at 17:21 | Comment(0) | TrackBack(0) | このポッドキャストが面白い! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月02日

東京女子アナの実力「小島慶子 キラ☆キラ」ポッドキャスト

にほんブログ村 ポッドキャスティング

お気楽蘭々がお贈りするラジオ/AM/FM/ポッドキャスト 東京〜大阪 for R40

今回は関西では残念ながら聴けない東京TBS RADIOの番組

「小島慶子 キラ☆キラ」

以前このブログで紹介した「小西克哉 松本ともこ ストリーム」の
後番組で、「ストリーム」ファンだった私としては、
時事問題の弱い「キラ☆キラ」はイマイチ内容が薄く感じたのですが
番組が落ち着いて来たのと、6月から番組オープニング部分の
ポッドキャスト配信が始まり小島慶子と言う人の考え方が解るにつれ
面白く感じられる様になってきました。

一番やっぱり東京だな〜〜と思うのは、「キラ☆キラ」には
毎日日替わりで有名な男性パートナーが出演してます。
ラインナップは
月曜:ビビる大木(タレント)
火曜:神足裕司(コラムニスト)
水曜:ライムスター宇多丸(ミュージシャン・DJ)
木曜:ピエール瀧(ミュージシャン)
金曜:水道橋博士(芸人・漫才師)

水曜の宇多丸さんと木曜のピエール瀧さん関西ではなじみの薄いけど
そこはまあ、東京でそれなりの活躍をしてる人なので
個人的な好き嫌いはあるだろうけど、それなりに面白いしゃべり手で
その他のメンバーも雑誌やテレビで活躍していて
名前くらいは知ってる人ばっかりですわね。
そんな男性パートナーの面々に小島慶子と言う人は決して負けてないんです。

日本のテレビやラジオの番組はまだまだ男性メインがほとんど。
女性メインの番組も増えてるけど、大体が2つのパターンに別れる。
Aパターンはメイン女性よりズッと年下の若手男子アナや
格下のMCタレントと言う組み合わせ。
例えば関西だと「上沼恵美子のこころ晴天」や
「ますますハイヒール」等。
Bパターンとしてメイン女性よりちょっと格上の
おじさんコメンテーターをお目付役で配置した番組。
例えば終わったけど「水野晶子のはやミミラジオ」ね。
メインは水野晶子(MBSアナウンサー)さんでお目付役が
近藤勝重(毎日新聞専門編集委員)さんでした。

ところが「小島慶子 キラ☆キラ」は日替わりパートナーと小島慶子さんが対当なんですね!
このパターンは私が知らないだけかもしれないけど、あんまり無い!!
この辺が男女平等意識の強い東京ならではの空気なのか?
それとも、小島慶子さんが30代後半で既婚者であり子供もいると言う強さなのか?
これって案外大きいんですよね。
今時の小中学生を観てると、男子も女子もあったもんじゃない。
女子も遠慮なく男子に向かってコテンパンにモノを言うでしょ。
ある一定の年齢から下の人はその辺がよく言えば平等、
悪く言えば境が無い。
それが大体私の観察によると今現在40歳以下くらいからの様に思います。
もう1つは既婚者で子供がいる事。
既婚者で子供がいると男性に対する幻想があんまりない。
どんなにエライ男でも、男ってモノの実態が実は子供である事を
見抜いてしまっている主婦で母の前では男はカッコ付け様がない。
その辺の気楽さが日替わりパートナーの方も肩の力を抜いた
やり取りになるのかもしれないです。

それプラス小島慶子さん自身が
第36回ギャラクシーDJパーソナリティ賞受賞で
初代アクセスナビゲーターと言う、
ラジオ業界ではアカデミー賞に匹敵する勲章をお持ちの
実力者と言う事も大きいんでしょうが・・・。

以前、全く別の番組でそこそこ中年のベテラン女子アナが
メインの男性を紹介するのに
「それでは今週の◯◯さんのお話を聴かせて頂きましょう
◯◯さん、今週はどうでしたか?」と言ってるのを聴いて
ゲストならともかく、なんでこっちまで
「聴かせて頂く」の??
自分がへりくだるのは解るけどリスナーまで低くくする言葉使いには
もの凄く抵抗を感じました。

男性リスナーはどう思われるか解らないけれど
「神足さんのシャツ柄、人体模型の筋肉標本みたい!」
なんて堂々と突っ込み入れる小島慶子と言う人が
私としてはなかなかに痛快な番組ですわ。

追記
マイケル・ジャクソンの急死により、この番組に毎週水曜出演中の
ノーナリーブス・西寺郷太さんと言う人が注目をあびています。
なぜなら西寺郷太さんはマイケル・ジャクソンのファンであり
日本でも屈指の研究家でもあるからです。
春から始まった番組の中でも度々、マイケル・ジャクソンと
その周辺のアーティストの話をされてました。
西寺郷太さんの話を聴いて、私の中では今まで持っていた
マイケルのイメージが大きく変わり、
スーパースターである前に1人の人間であった彼の素顔を
かいま見た気がしました。
幸いな事に「小島慶子 キラ☆キラ」のHPから、
コレまでの西寺郷太さんのマイケルに関する話を聴く事ができます。
マイケルファンのみならず、アメリカの音楽シーンに興味のある方は
是非聴いてみて下さい。

にほんブログ村 ネットブログ ポッドキャスティングへ

にほんブログ村

にほんブログ村 テレビブログ ラジオ番組へ

にほんブログ村
posted by 星のナターシャ at 09:21 | Comment(2) | TrackBack(0) | このポッドキャストが面白い! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。