2014年05月01日

ある意味大人のおとぎ話「とらわれて夏」

今回ラジオとポットキャストとシネマな日々がご紹介するのは
「中年の恋」を扱った映画を観たのでまとめて観たのでそれを一挙に!

ある意味大人のおとぎ話「とらわれて夏」

torawarete.jpg


◆「とらわれて夏」オフィシャルサイト 動画あり◆ 

◆ 解説 ◆ 映画.comより引用
「JUNO ジュノ」「マイレージ、マイライフ」の
ジェイソン・ライトマン監督が、
過去にとらわれた男女が障害を乗り越えて愛し合っていく
夏の5日間の出来事を、13歳の少年の視点から描いたドラマ。

9月はじめのレイバー・デイ(労働者の日)を週末にひかえたある日、
アメリカ東部の小さな町で暮らすシングルマザーのアデルと
13歳の息子ヘンリーは、偶然出会った脱獄犯のフランクに強要され、
自宅に匿うことになる。
危害は加えないと約束したフランクは、アデルの家事を手伝い、
ヘンリーには野球を教えて過ごし、
ヘンリーはそんなフランクを次第に父のように慕うようになるが……。

アデル役に「愛を読むひと」のケイト・ウィンスレット、
フランク役に「ノーカントリー」のジョシュ・ブローリン。

原作は、J・D・サリンジャーとも同棲していたことのある
女性作家ジョイス・メイナード。

◆ 感想 ◆
アメリカ映画の中のジャンルとして
「シェーン」的な話って定番的に多いよね。

何かと奮闘する母親と訳ありの流れ者の男が出合って
母親では出来ない事をやってくれる男に子供が懐く
やがて男は大きな困難を解決してくれて母親も心惹かれる
けど、訳ありの男はやがて心を残しながら
去らなければならない時が来る…。

この映画も全くその流れをそのまま受け継いでます。
だから特に細かい解説は必要ない!と書くと終っちゃうので
この映画から学ぶ事として
女性と上手く付き合えない男性へ

料理、覚えましょう!!

あんまり難しい料理でなくても良いです。
簡単に作れる物でも良いんです。
大事なのは慣れ!
手際よく作って、片付けもササっと出来れば
それだけでプラス査定されます。(笑)

それと、やはり人肌のぬくもりは大きいですね。
長く人肌に触れてない者には
エロい意味だけでなく自分自身の肯定と言うか
誰かに触れてもらう、抱きしめて貰うってことは
かなり大きな安心感に繋がるのでは?と思います。
私、一時落ち込んで、外国人のハグの習慣って良いなあ〜と
思った時期があったので、
料理しながら、デカイ男の手に触れるシーンは
ああ〜〜ちょっとため息。

それと年頃の息子を演じるガトリン・グリフィスが良い!!
お母さんの気持ちを解るけど、解りたく無い!
その微妙な心の揺れ動きを見事に演じてる。

ラストは大人のおとぎ話的な終わり。
これはこれで良いんじゃないでしょうか〜〜

観た後のスッキリ感 5点中『★★★』
※ ★の数はあくまでも私の観賞後のスッキリ感の数値化で
  作品自体の優劣とは別ものと思って下さい。

コピーライトマークラジオとポットキャストとシネマな日々





タグ:映画 eiga 感想
posted by 星のナターシャ at 21:06 | Comment(0) | TrackBack(0) | この映画観たよ! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。