2014年05月06日

時を動かす「ダブリンの時計職人」

今回ラジオとポットキャストとシネマな日々がご紹介するのは

ダブリンはアイルランドの首都です。「ダブリンの時計職人」

daburin.jpg


◆「ダブリンの時計職人」 オフィシャルサイト 動画あり◆ 




◆ 解説 ◆ 映画.comより引用
アイルランド・ダブリンを舞台に、
不器用な大人たちの人生の再生を描いたドラマ。

ロンドンで失業し、
故郷ダブリンに帰ってきた時計職人のフレッドは、職も住む家もない
ホームレスとして暮らさなければならない現実に
落ち込んだ日々を送っていた。
偶然知り合ったカハルという青年のおかげで、
徐々に前向きな気持ちになっていたある日、
フレッドは未亡人のピアノ教師ジュールスに一目ぼれする。
身分違いの恋だとあきらめようとするが、
カハルの後押しで彼女が通っている水泳教室に入ることになり……。

◆ 感想 ◆
映画館で予告編を観た時に主演のおじさんコルム・ミーニーが
観た事あるな〜?と思ったけど思い出せなくて
ググっみると、
おお!スタートレックシリーズのマイルズ・オブライエン!!
あの頃から貫禄のある体つきだったので
あんまり老けた感じがしないわ。

それにしてもアイルランドは凄く寒そうです。
いくらアイルランド出身でも
車での寝泊まりでは凍死しないのか?と心配になります。

自分が置かれてる現実に憮然としながらも
何とかきちんと暮らそうとするフレッド。
その生活ぶりを次々とテンポよく見せる編集が見事。
くどい説明は無く、役所の係員の少々無礼なもの言いや
コインランドリーで所在なく乾燥機が回るのを眺めるシーン
トイレで身体を拭いて着替えようとするシーン等で
凄く上手く説明されていて、スッと物語に入っていける。

それと映画の中の出会いって
どうしても無理矢理っぽくてちょっと辟易するけど、
この映画はフレッドに近付いて来る青年カハルが
いきなりやって来ずに、一日フレッドを観察して近寄って来る。
その辺もちょっとリアリティーがある感じ。

カハルに感化されて動き出した様に見えていたフレッドだったけど
やがてカハルの大事な時計や
未亡人のピアノ教師ジュールスの時計を修理してやる。
フレッド自身は一見止まっている様に見えていたけれど
実は止まっていたのはカハルやジュールスで
フレッドと言う「時計職人」を待っていた事が解る。

カハルがフレッドの淡々としたホームレス生活を眺めて
遠慮がちに寄り添って行ったのは
人恋しさ故のSOSだったのかと思うと凄く悲しい。

見終わってからジワジワ利いてくる映画です。

観た後のスッキリ感 5点中『★★★★』
※ ★の数はあくまでも私の観賞後のスッキリ感の数値化で
  作品自体の優劣とは別ものと思って下さい。

コピーライトマークラジオとポットキャストとシネマな日々

にほんブログ村 映画ブログ おすすめ映画へ
タグ:映画 感想
posted by 星のナターシャ at 12:31 | Comment(2) | TrackBack(0) | この映画観たよ! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

待ってました!「おとなの恋には嘘がある」

今回ラジオとポットキャストとシネマな日々がご紹介するのは

こういう映画を待ってました!

otonanokoi.jpg




◆「おとなの恋には嘘がある」オフィシャルサイト 動画あり◆ 

◆ 解説 ◆ 映画.comより引用
本作の全米公開前となる2013年6月に
急逝したジェームズ・ガンドルフィーニの演技が
高い評価を受けたコメディドラマ。

友人や最愛のひとり娘に囲まれ、離婚後も充実した人生を送ってきた
ボディセラピストのエヴァだったが、娘が独り立ちすることになり、
今後の人生に寂しさや不安を抱き始める。
そんな時、友人のパーティで自分と似た境遇の
男性アルバートに出会い、ひかれていく。
新しい顧客のマリアンヌとも意気投合し、お互いの身の上を語り合うが、
マリアンヌの話す元夫のダメ男がアルバートだとわかり……。

主演のジュリア・ルイス=ドレイファスは、
ゴールデングローブ賞主演女優賞にノミネートされた。
監督は人気テレビシリーズ「SEX AND THE CITY」の
演出も手がけたニコラス・ホロフセナー。

◆ 感想 ◆
相手役のジェームズ・ガンドルフィーニが
心臓発作で急死してしまって…
ポスターの通りのあの体格でカロリー過多の食事を
バクバク食べる役を演じるって、
もしかしたらSFXでなんでも出来る今の映画界では
一番リスキーな事なのかもしれない。
ジェームズ・ガンドルフィーニに合掌。

映画に戻ると
誰かのガーデンパーティーで出合う中年の2人。
そういう設定が欧米系映画には多くて羨ましいなあ〜。
そこで、友達を通して連絡先を教えて貰って初デートする2人。
その会話がなんかあんまり気取ってなくて良い。
デートの別れ際、わりといい感じに気持ちが通じて
車を降りる時、キスしようとするアルバートに
「どうしようかな〜〜」と待ったをかけた後、
「でも、そのうちしても良い気持ちになるかもしれない。」
けして嫌いでは無いけど、今日は早いよ!
とさりげなく伝えるエヴァ。
これ、勉強になります。メモメモ!!

アルバートの別れた妻からアルバートの悪い所を聞かされて
戸惑うエヴァのセリフが面白い。
「ホテルのユーザーレビューを読まされてるみたい。」
「やっぱり評判のよく無いホテルには泊まりたくないでしょ!」
解るわ!バツイチだもの次は失敗したく無いもんね。

流石に「SEX AND THE CITY」の演出も手がけた
ニコラス・ホロフセナーらしいわ。

バツイチで無くても良い出合いを求めてる人は
観て損は無いですよ!

観た後のスッキリ感 5点中『★★★★』
※ ★の数はあくまでも私の観賞後のスッキリ感の数値化で
  作品自体の優劣とは別ものと思って下さい。

コピーライトマークラジオとポットキャストとシネマな日々

にほんブログ村 映画ブログ おすすめ映画へ
posted by 星のナターシャ at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | この映画観たよ! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年05月01日

ある意味大人のおとぎ話「とらわれて夏」

今回ラジオとポットキャストとシネマな日々がご紹介するのは
「中年の恋」を扱った映画を観たのでまとめて観たのでそれを一挙に!

ある意味大人のおとぎ話「とらわれて夏」

torawarete.jpg


◆「とらわれて夏」オフィシャルサイト 動画あり◆ 

◆ 解説 ◆ 映画.comより引用
「JUNO ジュノ」「マイレージ、マイライフ」の
ジェイソン・ライトマン監督が、
過去にとらわれた男女が障害を乗り越えて愛し合っていく
夏の5日間の出来事を、13歳の少年の視点から描いたドラマ。

9月はじめのレイバー・デイ(労働者の日)を週末にひかえたある日、
アメリカ東部の小さな町で暮らすシングルマザーのアデルと
13歳の息子ヘンリーは、偶然出会った脱獄犯のフランクに強要され、
自宅に匿うことになる。
危害は加えないと約束したフランクは、アデルの家事を手伝い、
ヘンリーには野球を教えて過ごし、
ヘンリーはそんなフランクを次第に父のように慕うようになるが……。

アデル役に「愛を読むひと」のケイト・ウィンスレット、
フランク役に「ノーカントリー」のジョシュ・ブローリン。

原作は、J・D・サリンジャーとも同棲していたことのある
女性作家ジョイス・メイナード。

◆ 感想 ◆
アメリカ映画の中のジャンルとして
「シェーン」的な話って定番的に多いよね。

何かと奮闘する母親と訳ありの流れ者の男が出合って
母親では出来ない事をやってくれる男に子供が懐く
やがて男は大きな困難を解決してくれて母親も心惹かれる
けど、訳ありの男はやがて心を残しながら
去らなければならない時が来る…。

この映画も全くその流れをそのまま受け継いでます。
だから特に細かい解説は必要ない!と書くと終っちゃうので
この映画から学ぶ事として
女性と上手く付き合えない男性へ

料理、覚えましょう!!

あんまり難しい料理でなくても良いです。
簡単に作れる物でも良いんです。
大事なのは慣れ!
手際よく作って、片付けもササっと出来れば
それだけでプラス査定されます。(笑)

それと、やはり人肌のぬくもりは大きいですね。
長く人肌に触れてない者には
エロい意味だけでなく自分自身の肯定と言うか
誰かに触れてもらう、抱きしめて貰うってことは
かなり大きな安心感に繋がるのでは?と思います。
私、一時落ち込んで、外国人のハグの習慣って良いなあ〜と
思った時期があったので、
料理しながら、デカイ男の手に触れるシーンは
ああ〜〜ちょっとため息。

それと年頃の息子を演じるガトリン・グリフィスが良い!!
お母さんの気持ちを解るけど、解りたく無い!
その微妙な心の揺れ動きを見事に演じてる。

ラストは大人のおとぎ話的な終わり。
これはこれで良いんじゃないでしょうか〜〜

観た後のスッキリ感 5点中『★★★』
※ ★の数はあくまでも私の観賞後のスッキリ感の数値化で
  作品自体の優劣とは別ものと思って下さい。

コピーライトマークラジオとポットキャストとシネマな日々





タグ:映画 eiga 感想
posted by 星のナターシャ at 21:06 | Comment(0) | TrackBack(0) | この映画観たよ! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。