2016年06月28日

TBSのポットキャストが終了してしまう!!

ポッドキャストを日々聴いている人なら
何度も繰り返されるTBSのポッドキャスト終了の告知に
辟易とされてる事でしょうねえ〜〜

コレはTBSの亊情だし、お金のかかる事だから
無料で聴いてる方としては文句言える筋合いでもないし、
さりとて毎回しつこくCMを告知されるのも聴いてる方は大迷惑!

スピードラーニングが耳にこびり付いてますわ〜〜(笑)

ではこれから何を聴くか?!
正直TBSは一番配信番組も多くて、
内容も硬軟取り混ぜてバリエーションも豊富でしたから
TBSさえ押さえておけば、プレイリストは充実してました。
なので、もしかしたら知らない方もいるかもしれないでので
老婆心ながら、他局や個人のポッドキャストの番組を
幾つか紹介させて下さい。

文化放送 「大竹まこと ゴールデンラジオ」
言わずと知れた文化放送のお昼の看板番組、聴視率で毎回一位を記録してる番組ですね!
文化放送 「武田鉄矢 今朝の三枚おろし」
こちらも全国ネットでお送りする鉄矢さんご紹介の本や、物事の解説番組

上記は文化放送のHPから聴けます。ダウンロードももちろんです。

http://www.joqr.co.jp/podcast/index.php

にっぽん放送 「ザ・ボイス そこまで言うか!」
コメンテーターによる辛口批判が内です
にっぽん放送 「ラジオビバリー昼ズ」
数々のトークモンスターを送り出して来た高田文夫先生との
やり取りもとても楽しいバラエティー。

ニッポン放送 ポットキャスティング
http://podcast.1242.com/?_ga=1.7887547.807077393.1450687119

とりあえずの有名所を掲げておきますね。
他にも楽しい番組を今、探してます〜〜

ポットキャスト生活がこれからも続きます様に〜〜〜

cラジオとポットキャストとシネマな日々

にほんブログ村 テレビブログ ラジオ・ラジオ番組へ

にほんブログ村 ネットブログ ポッドキャスティングへ
にほんブログ村








posted by 星のナターシャ at 17:35 | Comment(0) | TrackBack(0) | このポッドキャストが面白い! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月31日

2015年に見た映画一覧

今年観た映画の一覧です。
新旧洋邦レンタル、混ぜこぜです。

1月−13本
1日  サンバ
8日  サウンド・オブ・ミュージック
    ニューヨークの巴里夫(パリジャン)
10日 トラッシュ!この街が輝く日まで
    ゴーン・ガール
18日 旅情
    12-12-12 ニューヨーク、奇跡のライブ
23日 百円の恋
    ビッグ・アイズ
26日 アニー
    KANO 海の向こうの甲子園
30日 私の恋活ダイアリー
    みんなのアムステルダム国立美術館へ

2月-5本
11日 深夜食堂
15日 はじまりのうた
    トレヴィの泉で二度目の恋を
23日 バーレスク
26日 エレナの惑い

3月-8本
3日  フェイス・オブ・ラブ
    おみおくりの作法
10日 砂の器
    ヴァチカン美術館4K3D 天国への入口
11日 シェフ 三ツ星フードトラック始めました
28日 愛して飲んで歌って
    ディオールと私
   
4月-6本
8日  滝を見にいく
    ジヌよさらば〜かむろば村へ〜
    エイプリルフールズ
22日 バードマン
28日 マジック・イン・ムーンライト
    セッション

5月-7本
2日  ローマの休日
11日 ニュー・シネマ・パラダイス
14日 百日紅 Miss HOKUSAI
    龍三と七人の子分たち
15日 パレードへようこそ
    イタリアは呼んでいる
20日 駆込み女と駆出し男

6月-5本
1日  チャッピー
    ピッチパーフェクト
8日  シェルブールの雨傘
    靴職人と魔法のミシン
25日 風と共に去りぬ
    
7月-6本
8日  ラブ&ピース 園子温
13日 マッドマックス 怒りのデス・ロード
16日 アベンジャーズ エイジ・オブ・ウルトロン3D
23日 カサブランカ
28日 しあわせはどこにある
    人生スイッチ

8月-9本
1日  恋におちたシェイクスピア
    インサイド・ヘッド
8日  HERO
13日 メリー・ポピンズ
18日 ミッション:インポッシブル/ローグ・ネイション
19日 日本のいちばん長い日
    Jurassic World3D
29日 王様と私
    しあわせへのまわり道

9月-6本
6日  彼は秘密の女ともだち
9日  ショーシャンクの空に
15日 さよなら、人類
    ヴィンセントが教えてくれたこと
30日 天空の蜂
    キングスマン

10月-5本
9日  バードピープル
14日 マイ・インターン
    バクマン
18日 カプチーノはお熱いうちに
21日 ピッチ・パーフェクト2

11月-6本
13日 ギャラクシー街道
    ミケランジェロ・プロジェクト
24日 あん
    恋人たち
28日 宋家の三姉妹
    黄金のアデーレ名画の帰還

12月-8本
1日  犬に名前をつける日
    ホワイト・ゴッド 少女と犬の狂詩曲
5日  ハッピーエンドの選び方
    ローマに消えた男
9日  007 スペクター
    Re:LIFE〜リ・ライフ〜
29日 アパートの鍵貸します
    スターウオーズ フォースの覚醒

全部で70本

基本的には
★中年のラブコメ
★人生やり直し系
★スカッする3D映画
★地味過ぎてDVDが出そうも無い作品
★町山智弘氏推選
この5つを基準に観る映画を選んでるので
かなり偏ってますが
今年はビッグタイトルの新作が目白押しで賑やかだった反面
昨年の様なラブコメや人生やり直し系映画少なかった印象があります。
昨年より8本も少ない結果となりました。
posted by 星のナターシャ at 22:26 | Comment(0) | TrackBack(0) | この映画観たよ! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年02月12日

「深夜食堂」ここに行ってみたい!と思えれば満点!

お久しぶりです!
今回ご紹介するのは

sinnya.jpg


◆ 解説 ◆
安倍夜郎の人気コミックが原作。
深夜12:00から早朝7:00まで営業する小さなめしや。
様々な事情を抱えた人々が集まり日々巻き起こる人間模様を
優しい目線で綴った気楽に観られる1本。

◆ 感想 ◆
とにかく丁寧に作り込まれた
懐かしさを漂わせる路地裏の古いめしや。
それだけで今では十分ファンタジーですよね。

そのめしやに、いわゆるグランド・ホテル方式と言うのか
ざっくりと4つの話に季節を追う形で別れていて
それぞれのエピソードに主役級の実力者が
店の客として現れて話が始まる。

その1つ1つのエピソードが
現実に有りそうなシチュエーションで
ちょっと心が痛かったり、優しい気持になったり
大人のファンタジーとしてちょうどいい感じ。

大きなテーブルなり良い雰囲気の店なりがあって
美味しそうな食べ物が並ぶ映画では
自分もそこへ行ってみたい!
主人公達の隣に座って自分も一杯やりたい!
そう思わせられたら、その映画は大成功!!
と私は常々思っているけど

この映画もそこはもう満点!五億点!!
常連客が織りなすそこはかとないおかしみがたまらない〜〜。

寒い日に暖まりに行くのに丁度良い映画ですわ。

◆深夜食堂 オフィシャルサイト◆



観た後のスッキリ感 5点中『★★★★』
※ ★の数はあくまでも私の観賞後のスッキリ感の数値化で
  作品自体の優劣とは別ものと思って下さい。

コピーライトマークラジオとポットキャストとシネマな日々

にほんブログ村 映画ブログ おすすめ映画へ
posted by 星のナターシャ at 08:58 | Comment(2) | TrackBack(0) | この映画観たよ! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年12月31日

2014年に見た映画一覧

今年観た映画の一覧です。
新旧洋邦レンタル、混ぜこぜです。

1月−10本
3日  プリティ・ウーマン
7日  バックコーラスの歌姫(ディーバ)たち
    セッションズ
    少女は自転車に乗って
    そして父になる
14日 鑑定士と顔のない依頼人
17日 ウエスト・サイド物語
21日 ソウルガールズ
28日 母の身終い
    地中海式 人生のレシピ

2月-6本
7日  かぐや姫の物語
14日 ザ・イースト
18日 アラビアのロレンス
    大統領の執事の涙
25日 はじまりは5つ星ホテルから
    ブエノスアイレス恋愛事情

3月-5本
1日  ダラス・バイヤーズクラブ
    魔女の宅急便
11日 グロリアの青春
25日 あなたを抱きしめる日まで
    ロボコップ

4月-7本
1日  それでも夜は明ける
2日  コーヒーをめぐる冒険
9日  LIFE!
    レゴムービー
    アナと雪の女王
18日 ワールズ・エンド 酔っ払いが世界を救う!
30日 日本一幸せな従業員をつくる!

5月-4本
1日  とらわれて夏
5日  オーケストラ(レンタル)
6日  ダブリンの時計職人
    おとなの恋には嘘がある

6月-8本
1日  神宮希林 わたしの神様
    晴天の霹靂
8日  幕末太陽傳
    ゴジラ(1954年) リマスター版
11日 グランド・ブダペスト・ホテル
    X−MEN:フューチャー&パスト
    サードパーソン
    超高速!参勤交代

7月-8本
1日  シバ 縄文犬のゆめ
2日  間奏曲はパリで
11日 太秦ライムライト
    ジゴロ・イン・ニューヨーク
    パークランド ケネディー暗殺、真実の4日間
16日 her/世界でひとつの彼女
30日 マレフィセント
    GODZILLA ゴジラ【3D】

8月-6本
8日  マダム・イン・ニューヨーク
    サンシャイン 歌声が響く街
18日 GODZILLA ゴジラ【2D】
22日 めぐり逢わせのお弁当
29日 ローマ環状線、めぐりゆく人生たち
    ぼくを探しに

9月-5本
1日  ルパン三世
5日  NO
17日 ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー(3D・吹替版)
18日 バルフィ!人生に唄えば
25日 恋人たちの予感

10月-9本
1日  ジャージー・ボーイズ
9日  レッド・ファミリー
10日 バツイチは恋のはじまり
    リスボンに誘われて
14日 アバウト・タイム 愛おしい時間について
    ミリオンダラー・アーム
21日 ウィークエンドはパリで
28日 カムバック!
29日 猿の惑星:新世紀(ライジング)

11月-4本
7日  美女と野獣
    マダム・マロリーと魔法のスパイス
18日 紙の月
30日 オズの魔法使

12月-6本
7日  0.5ミリ
17日 ある精肉店のはなし
    ストックホルムでワルツを
    寄生獣
22日 細雪
28日 ベイマックス

全部で78本

基本的には
★中年のラブコメ
★人生やり直し系
★スカッする3D映画
★地味過ぎてDVDが出そうも無い作品
★町山智弘氏推選
この5つを基準に観る映画を選んでるので
かなり偏ってますが
世間一般のベストテンとは違った切り口で映画を選びたい方の
参考になればと思います。

コピーライトマークラジオとポットキャストとシネマな日々

にほんブログ村 映画ブログ おすすめ映画へ
・・・・
posted by 星のナターシャ at 00:26 | Comment(0) | TrackBack(0) | この映画観たよ! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年05月06日

時を動かす「ダブリンの時計職人」

今回ラジオとポットキャストとシネマな日々がご紹介するのは

ダブリンはアイルランドの首都です。「ダブリンの時計職人」

daburin.jpg


◆「ダブリンの時計職人」 オフィシャルサイト 動画あり◆ 




◆ 解説 ◆ 映画.comより引用
アイルランド・ダブリンを舞台に、
不器用な大人たちの人生の再生を描いたドラマ。

ロンドンで失業し、
故郷ダブリンに帰ってきた時計職人のフレッドは、職も住む家もない
ホームレスとして暮らさなければならない現実に
落ち込んだ日々を送っていた。
偶然知り合ったカハルという青年のおかげで、
徐々に前向きな気持ちになっていたある日、
フレッドは未亡人のピアノ教師ジュールスに一目ぼれする。
身分違いの恋だとあきらめようとするが、
カハルの後押しで彼女が通っている水泳教室に入ることになり……。

◆ 感想 ◆
映画館で予告編を観た時に主演のおじさんコルム・ミーニーが
観た事あるな〜?と思ったけど思い出せなくて
ググっみると、
おお!スタートレックシリーズのマイルズ・オブライエン!!
あの頃から貫禄のある体つきだったので
あんまり老けた感じがしないわ。

それにしてもアイルランドは凄く寒そうです。
いくらアイルランド出身でも
車での寝泊まりでは凍死しないのか?と心配になります。

自分が置かれてる現実に憮然としながらも
何とかきちんと暮らそうとするフレッド。
その生活ぶりを次々とテンポよく見せる編集が見事。
くどい説明は無く、役所の係員の少々無礼なもの言いや
コインランドリーで所在なく乾燥機が回るのを眺めるシーン
トイレで身体を拭いて着替えようとするシーン等で
凄く上手く説明されていて、スッと物語に入っていける。

それと映画の中の出会いって
どうしても無理矢理っぽくてちょっと辟易するけど、
この映画はフレッドに近付いて来る青年カハルが
いきなりやって来ずに、一日フレッドを観察して近寄って来る。
その辺もちょっとリアリティーがある感じ。

カハルに感化されて動き出した様に見えていたフレッドだったけど
やがてカハルの大事な時計や
未亡人のピアノ教師ジュールスの時計を修理してやる。
フレッド自身は一見止まっている様に見えていたけれど
実は止まっていたのはカハルやジュールスで
フレッドと言う「時計職人」を待っていた事が解る。

カハルがフレッドの淡々としたホームレス生活を眺めて
遠慮がちに寄り添って行ったのは
人恋しさ故のSOSだったのかと思うと凄く悲しい。

見終わってからジワジワ利いてくる映画です。

観た後のスッキリ感 5点中『★★★★』
※ ★の数はあくまでも私の観賞後のスッキリ感の数値化で
  作品自体の優劣とは別ものと思って下さい。

コピーライトマークラジオとポットキャストとシネマな日々

にほんブログ村 映画ブログ おすすめ映画へ
タグ:映画 感想
posted by 星のナターシャ at 12:31 | Comment(2) | TrackBack(0) | この映画観たよ! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

待ってました!「おとなの恋には嘘がある」

今回ラジオとポットキャストとシネマな日々がご紹介するのは

こういう映画を待ってました!

otonanokoi.jpg




◆「おとなの恋には嘘がある」オフィシャルサイト 動画あり◆ 

◆ 解説 ◆ 映画.comより引用
本作の全米公開前となる2013年6月に
急逝したジェームズ・ガンドルフィーニの演技が
高い評価を受けたコメディドラマ。

友人や最愛のひとり娘に囲まれ、離婚後も充実した人生を送ってきた
ボディセラピストのエヴァだったが、娘が独り立ちすることになり、
今後の人生に寂しさや不安を抱き始める。
そんな時、友人のパーティで自分と似た境遇の
男性アルバートに出会い、ひかれていく。
新しい顧客のマリアンヌとも意気投合し、お互いの身の上を語り合うが、
マリアンヌの話す元夫のダメ男がアルバートだとわかり……。

主演のジュリア・ルイス=ドレイファスは、
ゴールデングローブ賞主演女優賞にノミネートされた。
監督は人気テレビシリーズ「SEX AND THE CITY」の
演出も手がけたニコラス・ホロフセナー。

◆ 感想 ◆
相手役のジェームズ・ガンドルフィーニが
心臓発作で急死してしまって…
ポスターの通りのあの体格でカロリー過多の食事を
バクバク食べる役を演じるって、
もしかしたらSFXでなんでも出来る今の映画界では
一番リスキーな事なのかもしれない。
ジェームズ・ガンドルフィーニに合掌。

映画に戻ると
誰かのガーデンパーティーで出合う中年の2人。
そういう設定が欧米系映画には多くて羨ましいなあ〜。
そこで、友達を通して連絡先を教えて貰って初デートする2人。
その会話がなんかあんまり気取ってなくて良い。
デートの別れ際、わりといい感じに気持ちが通じて
車を降りる時、キスしようとするアルバートに
「どうしようかな〜〜」と待ったをかけた後、
「でも、そのうちしても良い気持ちになるかもしれない。」
けして嫌いでは無いけど、今日は早いよ!
とさりげなく伝えるエヴァ。
これ、勉強になります。メモメモ!!

アルバートの別れた妻からアルバートの悪い所を聞かされて
戸惑うエヴァのセリフが面白い。
「ホテルのユーザーレビューを読まされてるみたい。」
「やっぱり評判のよく無いホテルには泊まりたくないでしょ!」
解るわ!バツイチだもの次は失敗したく無いもんね。

流石に「SEX AND THE CITY」の演出も手がけた
ニコラス・ホロフセナーらしいわ。

バツイチで無くても良い出合いを求めてる人は
観て損は無いですよ!

観た後のスッキリ感 5点中『★★★★』
※ ★の数はあくまでも私の観賞後のスッキリ感の数値化で
  作品自体の優劣とは別ものと思って下さい。

コピーライトマークラジオとポットキャストとシネマな日々

にほんブログ村 映画ブログ おすすめ映画へ
posted by 星のナターシャ at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | この映画観たよ! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年05月01日

ある意味大人のおとぎ話「とらわれて夏」

今回ラジオとポットキャストとシネマな日々がご紹介するのは
「中年の恋」を扱った映画を観たのでまとめて観たのでそれを一挙に!

ある意味大人のおとぎ話「とらわれて夏」

torawarete.jpg


◆「とらわれて夏」オフィシャルサイト 動画あり◆ 

◆ 解説 ◆ 映画.comより引用
「JUNO ジュノ」「マイレージ、マイライフ」の
ジェイソン・ライトマン監督が、
過去にとらわれた男女が障害を乗り越えて愛し合っていく
夏の5日間の出来事を、13歳の少年の視点から描いたドラマ。

9月はじめのレイバー・デイ(労働者の日)を週末にひかえたある日、
アメリカ東部の小さな町で暮らすシングルマザーのアデルと
13歳の息子ヘンリーは、偶然出会った脱獄犯のフランクに強要され、
自宅に匿うことになる。
危害は加えないと約束したフランクは、アデルの家事を手伝い、
ヘンリーには野球を教えて過ごし、
ヘンリーはそんなフランクを次第に父のように慕うようになるが……。

アデル役に「愛を読むひと」のケイト・ウィンスレット、
フランク役に「ノーカントリー」のジョシュ・ブローリン。

原作は、J・D・サリンジャーとも同棲していたことのある
女性作家ジョイス・メイナード。

◆ 感想 ◆
アメリカ映画の中のジャンルとして
「シェーン」的な話って定番的に多いよね。

何かと奮闘する母親と訳ありの流れ者の男が出合って
母親では出来ない事をやってくれる男に子供が懐く
やがて男は大きな困難を解決してくれて母親も心惹かれる
けど、訳ありの男はやがて心を残しながら
去らなければならない時が来る…。

この映画も全くその流れをそのまま受け継いでます。
だから特に細かい解説は必要ない!と書くと終っちゃうので
この映画から学ぶ事として
女性と上手く付き合えない男性へ

料理、覚えましょう!!

あんまり難しい料理でなくても良いです。
簡単に作れる物でも良いんです。
大事なのは慣れ!
手際よく作って、片付けもササっと出来れば
それだけでプラス査定されます。(笑)

それと、やはり人肌のぬくもりは大きいですね。
長く人肌に触れてない者には
エロい意味だけでなく自分自身の肯定と言うか
誰かに触れてもらう、抱きしめて貰うってことは
かなり大きな安心感に繋がるのでは?と思います。
私、一時落ち込んで、外国人のハグの習慣って良いなあ〜と
思った時期があったので、
料理しながら、デカイ男の手に触れるシーンは
ああ〜〜ちょっとため息。

それと年頃の息子を演じるガトリン・グリフィスが良い!!
お母さんの気持ちを解るけど、解りたく無い!
その微妙な心の揺れ動きを見事に演じてる。

ラストは大人のおとぎ話的な終わり。
これはこれで良いんじゃないでしょうか〜〜

観た後のスッキリ感 5点中『★★★』
※ ★の数はあくまでも私の観賞後のスッキリ感の数値化で
  作品自体の優劣とは別ものと思って下さい。

コピーライトマークラジオとポットキャストとシネマな日々





タグ:映画 eiga 感想
posted by 星のナターシャ at 21:06 | Comment(0) | TrackBack(0) | この映画観たよ! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年04月30日

夢を形に〜〜「日本一幸せな従業員をつくる! ホテルアソシア名古屋ターミナルの挑戦」

今回ラジオとポットキャストとシネマな日々がご紹介するのは

こんな会社があったんだな〜〜

nihonniti.jpg


◆ オフィシャルサイト 動画あり◆ 



◆ 解説 ◆ 映画.comより引用
赤字続きで倒産寸前の老舗ホテルに就任した新たな総支配人が
従業員とともに経営再建を図る姿を追ったドキュメンタリー。
4期連続の赤字にあえいでいた名古屋駅前の老舗ホテルに、
労働組合で長年にわたり役員を務めた経験をもつ柴田秋雄氏が、
新支配人としてやってくる。
柴田氏は「日本一幸せな従業員になろう」という目標を掲げ、
経営の立て直しに着手。
従業員とともに経営理念を作り、
従業員たちとの誕生日会や農場づくりなど、
さまざまな試みを実行に移す。
やがて「会社に大切にされている」という従業員の思いが、
顧客へのサービス向上につながり、業績も回復していく。
監督は「宇宙(そら)の約束」「僕のうしろに道はできる」の岩崎靖子。

◆ 感想 ◆
泣けた!!
私も接客業が長いので、職場では、やれ「笑顔で挨拶」だの
「おもてなしの心」だの、耳にタコができる程
毎日の様に聴かされる。

サービス業の笑顔は作るもの。
仕事だからどんな時も
お客様に笑顔を向けるのは仕事の一部ではある。

ただ、その笑顔を作る材料はどこにあるのか?
「自分は大事にされてる、必要とされてる。」
その充実感や幸福感と言う材料があればこそ、
体調の悪いとき、
辛い事があったときに笑顔を振り絞れる。

この映画の支配人は
「お客様第一?そんな浮気なお客さんより、
腰を据えて毎日働いてくれる従業員が第一!」
そうハッキリ言い切った!
確かに、人から大事にされていない人間が
他人をどうやって大事にできるんだ!
優しくされるから人に優しく出来る。
設備より人。

解ってても形に出来る会社は少ない。
従業員を大事にすると言葉にする経営者は山ほどいるが
どれだけそれが形になっているだろう?
具体的な行動があって初めて従業員に伝わる。

社員食堂の椅子がガタガタで、料理がまずくて
孫状態で大事にされてると誰が思うだろうか?
だからまず、ゆっくり座れる椅子にし、
社員食堂の料理長に立派なまな板と包丁を贈って
あんたの腕でみんなに上手い料理を作ってやってくれ!
そこからこの映画の改善が始まる。

人を大事にすると言う事はいつもその人を見ていること。
良い時は褒め、元気の無いときは支える。
有り難いと思う気持ちがお客様に向かって形になる。

人を大事にすると言う精神が大きな資本主義の論理に
どこまで立ち向かえるのか?


観た後のスッキリ感 5点中『★★★』
※ ★の数はあくまでも私の観賞後のスッキリ感の数値化で
  作品自体の優劣とは別ものと思って下さい。

コピーライトマークラジオとポットキャストとシネマな日々

にほんブログ村 映画ブログ おすすめ映画へ
・・・・
posted by 星のナターシャ at 17:51 | Comment(0) | TrackBack(0) | この映画観たよ! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年04月23日

どこまでいってしまうのか…「ワールズ・エンド 酔っぱらいが世界を救う!」

今回ラジオとポットキャストとシネマな日々がご紹介するのは

「ワールズ・エンド 酔っぱらいが世界を救う!」

worldsend.jpg



◆「ワールズ・エンド 酔っぱらいが世界を救う!」
 オフィシャルサイト 動画あり◆
 


◆ 解説 ◆ 映画.comより引用
「ショーン・オブ・ザ・デッド」(2004)、
「ホット・ファズ 俺たちスーパーポリスメン!」(07)の
エドガー・ライト監督と
主演サイモン・ペッグ&ニック・フロストのトリオが、
母国イギリスを舞台に描くSFコメディ。

20年前、一晩で12軒のパブをめぐる「ゴールデン・マイル」に
失敗したことが忘れられないゲイリーは、
再挑戦するために当時の仲間アンディら4人を集め、
故郷ニュートンヘイブンに舞い戻る。
やがて5人は、町の人々の様子がおかしいことに気づくが、
戸惑いながらもひたすら12軒目のパブ
「ワールズ・エンド」を目指して飲み続ける。

◆ 感想 ◆
はい、お約束のバカ映画!!
最初の一杯は画面のメンツと一緒にプハ〜〜ってやりたいですね。
生ビールを売ってる劇場でどうぞ!!

私には引き出しが無いので個別に解説が出来ないですが
古いB級映画からの引用がいっぱい詰まってて
それを探すのも楽しい!
でもでも、
そんな事知らなくても、コメディーとして十分笑えます。

主人公のゲイリーはどうしようもない男。
いい年してアル中になってるようなヤツだけど
それに付き合う旧友達も、今は立派な社会的地位もあるのに
文句言いながら付き合って出て来る所をみると
やっぱ学生時代のバカはみんな懐かしいんでしょうね。
でも、そんなセンチメンタルな話で終る様な映画を
作る奴らではありません。
昔の話の中でも友達の妹とやっちゃった話とか
意味深なバイヤーから何やら怪しい買い物をしたり…
まま、兎に角、うっそーー!な展開で、
な、バカな!と思ってるうちに
ビールの酔いのごとく、頭がグラグラして
飛んでもない状況に突入して行きますが
そこは酔っぱらいの話なんで…。
破天荒な話の最後に、今の資本主義や効率主義や
貧富の差と言った物への強烈な皮肉がぶっ込まれてる。

劇場で観るのもいいけど、
年末に出るであろうDVDで、皆で飲み会をしながら
突っ込みまくってまた観たいです。

映画を観た後にぜひ
公式ホームページを観てください。
字幕監修の町山智弘さんの解説があって
もう一度映画が観たくなりますよ!!

観た後のスッキリ感 5点中『★★★★』
※ ★の数はあくまでも私の観賞後のスッキリ感の数値化で
  作品自体の優劣とは別ものと思って下さい。

コピーライトマークラジオとポットキャストとシネマな日々

にほんブログ村 映画ブログ おすすめ映画へ
・・・・
posted by 星のナターシャ at 18:21 | Comment(0) | TrackBack(0) | この映画観たよ! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年04月02日

深い話なのかも??「コーヒーをめぐる冒険」

今回ラジオとポットキャストとシネマな日々がご紹介するのは

coffee.jpg


◆ オフィシャルサイト 動画あり◆ http://www.cetera.co.jp/coffee/


◆ 解説 ◆ 映画.comより引用

ベルリンの街をさまよう青年の災難続きの1日をモノクロ映像で描き
新人監督ヤン・オーレ・ゲルスターの長編デビュー作にして
ドイツ・アカデミー賞主要6部門を総なめしたオフビート・コメディ。

ベルリンで暮らす青年ニコは、2年前に大学を中退して以来、
自堕落な毎日を送っていた。
ある朝、恋人の家でコーヒーを飲み損ねた彼は、
車の免許が停止になったり同じ
アパートの住人に絡まれたりと散々な目に遭う。
気を取り直して親友マッツェと街へ繰り出したニコの前に、
ひとクセもふたクセもある人々が次から次へと現われ……。
主演は「素粒子」のトム・シリング。

◆ 感想 ◆
ちょっとした事から人生の歯車が狂って行く様な映画なのかな?
と思って観に行ったのですが
確かに狂っては行くんだけど、そんなに悲観的な話ではなく
どっちかと言うと少々ダメダメな青年が
ちょっとだけマシな青年になって行く話。

ただ、この映画がドイツやヨーロッパでは
とっても好評だったと言う事があんまり理解出来なかった。
何か深い話が隠されているのか?

最初の方に主人公が知り合う俳優が映画の中で演じていたのが
ユダヤ人女性に恋をして、彼女をかくまうナチス将校。
そういうのドイツでは何かの矛盾の象徴だったりするのかな?

次に昔は太っていて誰にも見向きもされなかった元同級生。
今は痩せてすっかり綺麗になっていたんだけど
性格的には昔の心の傷を引きずったままの女性。

最後に出合うのは子供の頃に親に連れられて
何かの暴動に行って、親に言われるままに
商店のガラス窓に石を投げこんだ事のある病気の老人。
人生の後悔、人に言われるままにしてしまった行為に対する罪の意識。
世相に流される個人の弱さみたいなものなのかも…

それぞれが何かを抱えた何かのメタファーの様に思えるけど
こう言う事はその国の習慣や歴史の流れを理解してないと
本当には解らない。

まあ、コーヒー飲み損ねて行く過程はちょっとクスクスと笑えるけれど

観た後のスッキリ感 5点中『★★』


※ ★の数はあくまでも私の観賞後のスッキリ感の数値化で
  作品自体の優劣とは別ものと思って下さい。

コピーライトマークラジオとポットキャストとシネマな日々

にほんブログ村 映画ブログ おすすめ映画へ
posted by 星のナターシャ at 15:54 | Comment(0) | TrackBack(0) | この映画観たよ! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。